Washable Book


Challenge

発展途上国では、毎日6000人の子どもたちが汚れた手から感染する感染症で亡くなっています (*UNICEF 2013年調査)。 予防医学のアンファーはこの状況を変えるため、国内で感染症を予防できる石けんを販売し、その販売数と同数の石けんをカンボジアに送るCSR活動「SAVE SOAP PROJECT」を開始しました。 しかしカンボジアの子供たちに石けんを贈るだけでは十分ではなかった。石けんでの手洗い習慣が根づいていない地域に住む子供たちに、石けんで手を洗うことの「本当の意義(=Truth)」を教えることで、彼らの手洗い習慣をより積極的なものに変える必要がありました。

Truth

手洗いは子供の健康を守り多くの成長機会を与える。手洗いは子供のミライを変える

Solution

Washable Bookは、子供たちに石けんで洗って読むという新しい絵本体験を提供します。水が浸透するとカラフルな隠し絵が現れる印刷技術(水透かし印刷)を応用して開発されました。 絵本を読むのではなく「洗って物語を楽しむ」という身体的な体験は、識字率や年齢を問わずカンボジアのすべての子どもたちが楽しく学べることを目的に設計しました。ページ上のキャラクターの汚れた手を石けんで洗うと、夢が叶ったミライが現れます。手を洗うことがもたら大きな可能性を実感してもらいたいという、アンファーとマッキャンヘルスの思いが込められた絵本です。

ACHIEVEMENT

3週間で約15億のメディアインプレッションを獲得し、想定の18倍の石けんが日本で購入されカンボジアの子どもたちに贈られました。でも最も重要なことはこの絵本が子供たちの手洗い習慣を、その先のミライを変えているということです。

WashableBook
WashableBook
View All Case Studies