問題の核心 PART 5


急激に高まるコンプライアンス強化や贈賄防止対策の必要性は、製薬会
社を、確かなコンプライアンス能力とインフラ整備を備えたパートナー
との提携へと導いています。マッキャンコンプリートヘルスは、これに
関してPM Liveで公開されている記事の中で詳しく述べています。

コンプライアンスは常に製薬会社にとって必須事項となっています。しかし、
製薬会社がどのようにヘルスケア領域のステイクホルダーとコミュニケーシ
ョンすべきかを決定するガバメントは確立されているものの、企業の倫理観
や責任に対して、ますます厳しい目が向けられようとしています。

この問題は、個々の製薬会社を超えた課題でもあり、製薬会社のサプライヤ
ーの課題にもなっています。クライアントとエージェンシーの共同責任とし
て、真のパートナーシップを結ぶこと、世の中がコンプライアンス強化の傾
向にあること、それに伴いリソース提供の部分で変動があることを理解する
必要があります。そのため、製薬企業はコンプライアンスを真摯に考え、ク
ライアントのニーズに応えることのできるインフラ、規模、迅速性を持ち合
わせたパートナーと提携しなければなりません。

View and download full article

「マーケティング、購買、コンプライアンスの責任者は、コンプライア
ンスを真摯に考え、クライアントのコンプライアンスや倫理に関する必
要要件に応えるインフラ、規模、迅速性を持ち合わせたパートナーを特
定することが必須です。」マッキャンコンプリートメディカルCOO ア
ンドリュー ベリー

View All Insight Posts