問題の核心 PART 6


「ツイートするべきか、しないべきか」は、もはや問題ではありません。
新しいコミュニケーションモデルは、製薬会社にとってマルチチャンネ
ルを通じた学術的な情報伝達のための大きなチャンスとなっていますが、
果たして十分に活用できているのでしょうか?マッキャンコンプリート
メディカル(MCM)は、急速に成長するこの領域の可能性について考えま
す。

マルチチャンネルを通じたコミュニケーションアプローチは、多くの製薬会
社にとって優先度の高い検討課題となっていますが、その推進方法は様々で
す。製薬会社は、従来型方法論の枠を超え、ますます普及が進むことが予測
される、より適切なチャンネルでコミュニケーションすることが必要です。

「説得力があり、顧客にとって関連性のある学術的なコンテンツを一貫
して提供することで、企業はインフルーエンサーやアーリーアダプター
との長期的関係を構築することができます」 ¬– コーデックス社 サイエ
ンティフィック・ディレクター ドミニク・ジャック

マルチチャンネルを通じた学術的な情報伝達で成果をあげるには、洗練され
た様々なツールや専門知識を必要とします。プロセスを幅広く理解し、グロ
ーバル市場においてブランドのライフサイクルすべてのステージで統合され
た活動を行っていくためのインフラや能力を備えたパートナーエージェンシ
ーとの協業が大切です。

View and download full article

View All Insight Posts