社員インタビュー#1:

マッキャンヘルスでの戦略プランナーの醍醐味

Q まず最初にご経歴について教えて下さい。

大学時代からマーケティングに興味があったので、大学出てすぐメーカーに行きました。化粧品会社のマーケティング担当です。メーカーでマーケティングを勉強してやりがいを感じながらコミュニケーションを学ばないとマーケティングが完結しないなと思い広告会社に転職しました。日系と外資の合弁の広告会社に転職し、ラグジュアリーブランドを担当しました。ここはグローバルのクライアントでそれまでは日系の広告代理店が担当していたのですが、3年限定で担当することになりました。その後、クライアントが日系の広告代理店との契約に戻すということでしたが、クライアント側から会社を変えてまでも担当して欲しいという依頼を頂きました。キャリア的に非常に悩みました。いずれは広告業界で得た経験を、事業会社に戻って活かしたいと思い広告業界に来ましたが、広告の仕事が非常に面白くやりがいがあったので、広告でキャリアを全うしようと思ったところでしたので。
一大決心をして日経の広告代理店に転職しました。そこで約6年経験したころに、ちょうどクライアントであったラグジュアリーブランドを通算10年経験し一通りやり切ったのと、世代交代をした方がいいと思い転職することにしました。クリエイティブのブティックファームに移り、5年ほど経験したのちにNYに本社をおくグループのヘルスケアエージェンシーに行きました。その時からあるクライアントでマッキャンヘルスと一緒に仕事をしており、こちらのオフィスにも何度もお伺いしていました。その後、外資系のDMP(Data Management Platform)の会社でマーケティングアナリティクスの最新の技術を学びました。非常にやりがいのある仕事でしたが、本社の都合により海外オフィスであった日本がクローズになってしまいました。
そして2017年に以前お付き合いのあったマッキャンヘルスの方に誘われて入社しました。

Q なぜ長く広告業界を経験され、様々な業界を見られている中でヘルスケアエージェンシーでチャレンジしようと思われたんですか?また、その中でマッキャンヘルスを選ばれた理由は?

やっぱりヘルスケアマーケットは大きく変革が起きる可能性が非常に高いですね。日本の医療費の問題を考えたり、人口の高齢化というのを考えると、色々変革していかないと、人々の健康が維持できなくなったりするリスクがあります。2021年にはいりコロナで医療体制とか言われてますけども、これもそういった予兆ですよね。だから、世の中の人の流れに沿ってヘルスケアのシステムを変えたり、コミュニケーションを変えていかないと、時代の変革を作っていかないと業界が成り立っていかないという構造潮流がありますね。その中でやっぱりマッキャンヘルスというのは、グローバル的なプレゼンスがすごいんです。
手前味噌かもしれませんが、これは本当に凄いと思います。メンバー組織がもう卓越しています。特に北米は日本よりももっと進んでます。製薬会社中心にヘルスケアのイノベーティブな部分の中核をアメリカの方が作っていると思います。そういった部分で、2021年の日本は残念ながらそのレベルに達していないのですが、やっぱりグローバルのプレゼンスが非常に大きいですね。2020年まで11年連続でcampaignのAgency of the yearも今回もカンヌでも賞を取ってますし、クリエイティブという側面もそうですし、社会行動学みたいなスペシャルサイエンスの分野もあります。まだ日本はあまりないのですが、アメリカはかなり進んでいます。データマーケティングみたいな部分もアメリカはけっこうしっかりやっています。やはり上流の本社部分でやってるので、製薬メーカーのマーケットでもワンマーケットなんです。薬は人種や言葉を選ばないですし、体の構造も基本同じですから。製薬会社というのは世界を股にかけてビジネスをしていますが、日本は保護貿易を取っています。これがやはり時代に合わなくなってきていますので、今後世界の潮流に乗っていく中で、我々はそういう意味ではアメリカを知っているというのは、大きなアドバンテージだなと思います。
つまりいろんなチャレンジができるということ。グローバルの最先端のアメリカ本社がかなり先を行っていて、ベストプラクティスを多数持っているというのは、今後のヘルスケアの日本のマーケット考えれば凄く大きなアドバンテージになると思います。

Q 次に現在のお仕事内容について教えて下さい。また、その中でのやりがいについても教えて下さい。

これ結構広範囲なんですよね(笑)。大きいところで言うと、その製薬会社の中長期の事業戦略みたいなところです。やはりメインは「処方薬」という、Rx(国際的に処方箋を示す。元は後期ラテン語で「処方する」を意味する recipere の略語)という医科向けの薬ですね。これのマーケティング戦略のサポート、その薬はどういう風にプロモーションして行くかということと、この広告販促の部分がメインです。製薬会社以外のヘルスケアテーマで健康に絡みながら、何かその製品やサービスのプロモーションや企画ができないかということもやっています。ですから非常に広範囲ですね。
当然戦略的なことなので、その大きな舵取りの方向性を決めなきゃいけない立場でもあります。責任重大というか特にピッチになると戦略を起点にクリエイティブを作っていくので、我々戦略サイドが方向性を間違えてしまうと良いクリエイティブにならないので、プレッシャーや責任感は相当ありますが、逆にそれがやりがいになっている点も大きいです。やはり責任感と挑戦し甲斐みたいなところ、仕事の幅もバラエティな点もやりがいにつながっています。
常にこう自分の中でインプットを増やしながら、時代にあったアウトプットを作れるように意識して取り組むこと、自分も前に前に進んでる感覚が好きというか、やりがいじゃないかなって思います。

Q 今までやられてきた仕事で一番やりがいのあった仕事を教えて下さい。

新薬のローンチのマーケティング戦略を早いものだと1年半ぐらい前からクライアントと一緒に考えるケースがあります。特に後発で市場に出て行く時はかなり難しいこともあるので、なかなか条件が難しいこともあるのですが、丹念にブランドのマーケッターとすり合わせながら僕らが出来ることとは、お客様の持っていないほかの視点を提供することだと思うんです。だからお客様のマーケッターのパートナーという立場で、お客様が見えてないところを提案していくことに価値があります。こんなところもありますよとか、競合がこうやってくるんで、こうやった方がいいんじゃないですか?というような議論を重ねながら、2人3脚でやって、それが成功して行くと非常に手ごたえもありますし、お客様からも信頼して頂けるところに大きなやりがいを感じますね。

Q 逆にこの仕事で大変なことを教えて下さい。

やっぱり精神的にも肉体的にタフじゃないといけないことです。頭をフル回転させますから、やはり疲れることはありますよね。あと物理的にも肉体的にも限られた中で対応を求められるのでタフさが必要です。短い時間の中で集中してやらなきゃいけないんですけど、短距離走だけやってて良いかとそうでもないので、中距離走ぐらいになりますね。社内に対してもストーリーでクリエイティブをこう開花させてほしいって話をくれて、ブリーフとしてするんですけど、彼らが納得しないとやり直しになりますし、つまんないものをこっちが出しちゃうと、クリエイティブのジャンプの幅が狭くなってしまうんです。これで迷惑をかけてしまうこともあるので、そこは何回やってもしんどいです。でもそれがマーケットを作っていく、産みの苦しみの部分ですかね。それが喜びでもあります。
やはりクライアントに対しても、社内に対しても妥協できないというところが当然あると思いますこの生みの苦しみが大変さではありますが、逆に我々の提案が認められてそのピッチにも勝利したり、実際にローンチしたものがすごく反響を生むっていうところが、大きなやりがいにつながって自分に戻ってくるというようなところですね。

Q ストラテジックプランナーに必要なことを教えて下さい。

広告代理店の仕事のイメージとするとすごく右脳的な感じのスキルを問われるクリエイティブはありますけど、どちらかというと細かくロジック積み重ねていくものも重要で両方が必要なんですね。熱意や思いだけでは通用しないです。ちゃんと根拠を筋道立てて話さないといけないこともあり、左脳的な部分が必要です。じゃあ左脳的な部分だけでいいかというとそうではありません。左脳的だけになると単に整理になってしまうので、そこから新しい発想とか相違とかそういった右脳的な感性的な部分を足して融合させなきゃいけないと思います。

ヘルスケア経験者をどうしても採りたがるんですけど、個人的にはそこだけが重要だとは思ってないんですね。マーケティングってダイバーシティでやるものだと思っています。色々な面があるべきなんですね。でもやっぱり専門性とかナレッジは絶対必要なので、そこは申し訳ないけど、僕も勉強したし、ストラテジックプランナーを目指す人にも勉強してもらわないといけないですね。でも知識の習得は1番楽じゃないですか?むしろ発想の仕方とか、アイディアの出し方という方が訓練してもなかなか身につかないので、本人の努力や経験の積み重ね、またその人のセンスが必要だと思います。だからパソコンで言ったらOSの部分で、あとはそのアプリケーションになっているようなイメージですよ。
コミュニケーションって人の心理どう変えるかっていうことだと考えています。このコミュニケーションがヘルスケアの分野に寄っているだけなので、原理はあんまり変わらないですね。車だろうが化粧品だろうが、自分は過去に他の分野も経験していますが、人がどういうふうに思っていて、どこを刺激すると心理が変わりそうかっていうのを探してくるのが大きい原理原則だと考えています。それを応用していくことだけですね。
マーケティングとコミュニケーションのフレームワークはその人なりのスタイルがあっていいと思いますが、逆にそのヘルスケアの専門性みたいなところはいくらでも知識として入ってくると思いますので、むしろその人なりのマーケティング戦略の立て方やスタイルが重要となります。

Q 最後に、これから応募される方や仲間になる方に一言お願いします。

ヘルスケアが好きとか興味があれば是非チャレンジして頂きたいなと思っています。ヘルスケアの中で違うことをされている方は、製薬会社以外でヘルスケアに関わっていてコミュニケーションのところに興味がある人もチャレンジして頂きたいと思います。マッキャンヘルスの社風もすごくオープンでヒエラルキーがないので、自分が経験してきたことが活かしやすい環境だと思います。新しいチャレンジがいっぱいあるところで、我々がいるヘルスケアマーケットはこれからの潮流、色々変化が起きてくると思いますので、是非一緒にチャレンジして頂ければと思います。逆になんか安泰として、もう最後にゆっくり座りたいみたいな人には向かないと思います。
ビジネスマンとして1つのキャリアを作っていく上で、挑戦を刺激として受け取れる方は、ぜひ一緒にチャレンジをして行きませんか?





–>